STEP1:ブログを立ち上げる準備

【ワードプレスブログの始め方】初心者女子でもできるサーバー&ドメイン&WordPress設定

ブログでお金を稼ぐには、まずは自分のブログを立ち上げましょう!

と言われてもどこかれ手を付ければよいのやら??

ブログを立ち上げるには、サーバー契約、ドメイン、ワードプレスの3つが必要です。

と言われても????

その気持ち、よくわかります!

この記事では、インターネット用語に詳しくない、初心者女子でもわかるように、実際の作業画面の画像つきで、ブログを立ち上げる手順を解説していきます。

解説を見ながら作業すれば、詳しいことがわからなくても、ブログを立ち上げることができますよ!

目次

WordPressブログを立ち上げるのに必要な3ステップ

 

WordPressブログを立ち上げるのに必要な基本の3ステップ!

1. サーバーを契約する

2. ドメインを取得する

3.  WordPress をインストールする

あまりインターネットに詳しくない私のような主婦は、

サーバー?ドメイン? WordPress???

と聞いただけで頭にクエスチョンマークがいっぱい浮かんでしまいます。

 

でも大丈夫!

横文字がいっぱいで、とっつきにくそうに感じますが、やってみれば意外と簡単でした。

 

深く突き詰めれば難しいものなのかもしれません。でも!

ブログを立ち上げるだけであれば、そんなに難しい知識は必要ありません!

これから解説していくのと同じ手順で作業していけば、パソコン知識の乏しい主婦でも、

サーバーを契約して、ドメインを取得して、WordPressをインストールする

と言うブログを立ち上げるための3ステップを簡単に終了することができるはず。

まずは、解説を見ながら手順通りにやってみましょう!

レンタルサーバーを契約する

では、最初のサーバー契約から解説していきます。

ブログを立ち上げるには、サーバーを借りる必要があります。

サーバーって何?と思いますが、

簡単に言うとサーバー」はWEB 上の「土地のようなものです。

次のステップで出てくる「ドメイン」はWeb上の「住所」のようなものです。

ブログを立ち上げるには土地を借りる必要があるということです。

そしてその土地=サーバーを借りるのにも、住所=ドメインを取得するのにも

料金がかかります。

こちらは、ブログを作成して運営していく上で必ず発生する必要経費になります。

年間で2万円弱くらいですので、心づもりしておいてくださいね。

サーバーはエックスサーバーがおすすめ

サーバー(=土地)にはいくつも種類があります。

これからブログを始める人におすすめなのが「エックスサーバー」というサーバーです。

ブログを運営している成功者の方々は、皆さん口を揃えて「エックスサーバー」を勧めていますし、私もメンターもエックスサーバー派!

 

エックスサーバーを選ぶ理由は、

  1. 接続が安定している
  2. サイトの表示速度が速い
  3. たくさんアクセスが来てもサーバーが落ちにくい
  4. 不具合が少ない

などが挙げられます。

高速で安定したサイト運営を目指すのであれば、サーバーはエックスサーバー!と皆さん太鼓判です。

詳しいことがよくわからなくても、エックスサーバーを選んでおけば間違いありません。

もちろん、私もエックスサーバーで契約しています。

難しいことがわからないからこそ、成功者がおすすめしているものをそのまま完コピです!

エックスサーバー契約にかかる費用は?

エックスサーバーを契約するのには初期費用月額利用料がかかります。

X10プランの場合

初期費用が3000円、月額使用料は契約期間によって異なりますが、1200円から900円の間です。

契約期間は3ヶ月から36ヶ月までで選べます。

エックスサーバーにかかる費用は、1年間の契約で初期費用と月額利用料を合わせると15,000円(税込16,200円)になります。

詳しい費用はこちらの公式サイトでご確認ください。

エックスサーバー公式ページ

 

Xサーバーの契約方法

ではここからXサーバーの契約方法について解説していきます。

まずはエックスサーバーのホームページにアクセスします。

こちらのボタンから、エックスサーバーの公式ホームページへアクセスしてください。

エックスサーバー公式ページ

Xサーバーの新規申し込み

1. ホームページ右側にあるサーバー無料お試し10日間、お申し込みはこちら」をクリックします。

XSERVERお申し込みフォーム」のページに移動します。

「新規お申し込み」のボタンをクリックします。

 

2. 「エックスサーバーお申し込みフォーム」の画面が表示されます。

まずは「サーバーID」を入力します。

サーバー ID は公開するものではなく、管理するために使うものなので、自分の覚えやすいものを登録しましょう。

次に「サーバープラン」ですが、X10、X20、X30の3種類がありますが、

これからブログを始める人であれば、一番下のランクのX10で構わないと思います。

X20、X30になると容量や転送量が増えますが、月額利用料も倍以上になります。

ブログ運営ぐらいでしたらX10で十分問題ありません。

私もX10で契約していますが、サクサクブログ運営できています。

またこちらのプランは後から変更することもできますので、最初X10で申し込みをしておきましょう。

ここから下は、メールアドレスや住所電話番号などの情報を入力していきます。

利用規約個人情報の取り扱いについてに同意するにチェックを入れて「お申し込み内容の確認」ボタンをクリックします。

次のページで内容を確認して申し込みボタンをクリックすれば、サーバー申し込みの完了です!

が!ここでエックスサーバーの契約完了ではないので、ご注意を!

アカウント情報のメールが届く ←大事に保管!

申し込みが完了すると、エックスサーバーから契約申し込み完了のメールが送られてきます。

このメールには、契約内容や ID パスワードなどのアカウント情報が記載されています。

このアカウント情報はサーバーの管理画面にログインする時に必要になる大事な情報です。

後から見返すことも多いので、紛失しないように、分かるように保管しておきましょう。

支払い情報の登録しないと本登録されない!支払い情報の登録方法

これでサーバーの申し込みは出来ましたが、このままでは「10日間無料お試し」の登録だけになってしまい、10日の試用期間が過ぎて更新しなければ、せっかく登録した内容が無効になってしまいます。

本申し込みを完了するには、支払情報を登録する必要があります。

10日後にまた1から作業するのも面倒ですので、

エックスサーバーにログインして支払い情報を登録するところまでやってしまいましょう。

 

支払い情報の登録方法は以下の通りです。

1. まずXサーバーのインフォパネルにログインします。

インフォパネルにログインするには、会員IDまたはメールアドレスが必要です。

先ほどエックスサーバーから送られてきた、 契約申し込み完了のメールで確認して入力してください。

 

2. インフォパネルにログインすると、左側の真ん中辺に決済関連のボタンが並んでいます。

その中から「料金のお支払い」をクリックします。

 

「サーバーご契約一覧」の中に先ほど契約したサーバーが出てきますので、左側のチェックボタンにチェックを入れてお支払い方法を選択するをクリックしてください 。

 

エックスサーバーの支払い方法は、

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • ペイジー

の四つから選択することができます。ご自分に合った支払い方法を選んで必要情報を入力してください。

クレジットカード支払いの契約自動更新がおすすめ!

おすすめはクレジットカード支払いです。

クレジットカード支払いを選択するとサーバーの契約を自動更新することができます。

サーバーの契約更新の案内はメールで送られてくるのですが、つい後回しにして忘れてしまった!

なんてことにならないとも限りません。

サーバー契約の更新を忘れてしまって、契約切れになってしまうとせっかく作ったサイトが真っ白になってしまいます。

そんなことにならないためにも、契約自動更新の設定をしておくことをお勧めします。

自動更新にするには支払い方法をクレジットカード決済にする必要がありますので、クレジット支払いが可能な方は、クレジットを選択することをお勧めします。

これでレンタルサーバーのエックスサーバーの契約は完了です!

パソコンが苦手な女子でも、この手順通りに進んでいただければ難しいことはなかったと思います。

これでブログを作成するための準備の第一歩は完了です!

どうですか?行けそうな気がしてきませんか?

では、どんどん次へ進んでいきましょう!次は独自ドメインの取得です!

 

独自ドメインを取得する

ドメインって何?

次のステップ「ドメインを取得する」について解説していきましょう。

レンタルサーバーの次に現れた横文字ドメイン

聞いたことはあるけれど、本当のところ何だかよく分からないですよね。

簡単に解説すると、

サーバーは Web 上の「土地」

ドメインは Web 上の「住所」

自分のサイトは WEB 上の「お家」

という感覚です。

土地がなければお家であるサイトを立ち上げることはできません。
住所がなければ誰もお家であるサイトに訪ねてくることができません。

ですので、サイトを立ち上げるためにはまず、土地=レンタルサーバーを借りて、住所=ドメインが必要になるんですね。

ドメインはどうやって取得するの?

ドメインはドメインを販売しているサイトがありますのでそこで取得します。

ここでは、ドメインの取得方法を2つご紹介します。

1つ目は、レンタルサーバーで契約したエックスサーバーと同じ会社のエックスドメイン、

2つ目はムームードメインというサイトでドメインを取得する方法を解説します。

エックスサーバーの無料ドメインキャンペーンを利用する

エックスサーバーを新規で契約する際、無料ドメインプレゼントキャンペーンを行っている時があります。

このプレゼントキャンペーンを利用すると、無料でドメインを一つ取得することができます。

このドメインはエックスサーバーを利用している間は、ドメインの料金がかかりません。

エックスサーバーを契約する時に、この無料ドメインプレゼントキャンペーンをしていたら、迷わず利用しましょう!

もし無料ドメインプレゼントキャンペーンをやっていない場合は、有料でドメインを契約する必要があります。

同じくエックスサーバーのエックスドメインで有料でドメインを契約することもできます。

ドメインの取得方法は、次に解説するムームードメインでの取得方法とほぼ同じなので、次の解説を参考にしてください。

ムームードメインでのドメイン取得方法

X ドメイン以外でのおすすめは、ムームードメインです。

ここからはムームードメインでのドメイン取得方法を解説します。

 

まずはムームードメインの公式サイトに行きます。

▼ムームードメインの公式サイトはこちらから。▼

ムームードメイン公式ページ

ムームードメインの公式サイトへ行くと、トップページに検索ボックスがありますので、

自分の使いたいドメインを入力して、使用可能か確認します。

検索して、使用可能な場合は「カートに追加」ボタンになっています。

すでに使われているドメインの場合、「取得できません」という表示が出て、使用することができません。

ドメインは「.com」を使うのが一番おすすめ

ドメインには、「.com」「.co.jp」「 .jp」「 .net」「 .info」「.tokyo」など色々な種類がありますが、おすすめはシンプルな「.com」「.co.jp」「 .jp」などです。

あまり珍しいものを使うと「なんかちょっと怪しい?」と思われたりするかもしれないので、シンプルなドメインの方が安心です。

無難に「.com」を使うのが一番おすすめ。

この後に説明しますが、「.jp」を選択した場合、 「WHOIS公開情報」 の代理公開を設定することができませんので 、初心者は「.jp」を選択するのはあまりおすすめしません。

 

好きなドメインを検索して、使用可能なドメインが見つかったら、「カートに追加」ボタンをクリックし、「お申し込みへ」ボタンを押します。

ムームードメインを初めて使う方は、ここで新規ユーザー登録を行います。

WHOIS公開情報って何?代理公開がおすすめ!

ドメイン設定で「WHOIS公開情報」を選択する必要があります。

この「WHOIS公開情報」ですが、

ドメインを所得するときは、所有者の 「登録者名、住所、電話番号、メールアドレス」を公開することが義務付けられています。

ムームードメインでは、会社の登録情報を代理で公開するサービスというものあります。この代理公開を利用すれば、自分の名前や住所などの情報を登録する必要はありません。

個人情報はあまり公開したくないので、代理公開がおすすめです。

問題なければ、「弊社の情報を代理公開する」を選択します。

<div class=”concept-box2″><p>「.jp」を選択した場合、 「WHOIS公開情報」 の代理公開を設定することができません!</p></div>

ネームサーバー(DNS)には何を入力すればいい?

ネームサーバー(DNS)の項目は、 レンタルサーバーの情報を入力する必要があります。

契約したレンタルサーバーの情報を用意しておきましょう!

エックスサーバーで契約した人は大丈夫!これから詳しく解説します。

(それ以外のサーバー契約の人はご自身の契約情報を用意してください。)

エックスサーバーを契約した方は、 「GMOパペポ以外のサービス」を選択します。

すると、「ネームサーバー1」「ネームサーバー2」を入力するボックスが出てきます。

エックスサーバーのネームサーバーは5つありますので、「ネームサーバーを追加」を押して、ネームサーバー5までボックスを追加します。

次に5つのボックスにエックスサーバーのネームサーバー情報を入力します。

エックスサーバーのネームサーバー情報は以下の通りです。

ネームサーバ1・・・ns1.xserver.jp
ネームサーバ2・・・ns2.xserver.jp
ネームサーバ3・・・ns3.xserver.jp
ネームサーバ4・・・ns4.xserver.jp
ネームサーバ5・・・ns5.xserver.jp

 

この「ns1.xserver.jp」の部分を上から順に入力(コピペ)していきます。

エックスサーバーのネームサーバー情報は基本的には、上記のものですが、
変更になっている場合もありますので、エックスサーバーの「サーバーパネル」の「サーバー情報」で確認してください。

 

ドメイン料金の支払いをクレジット決済すれば更新忘れなし!

次に「ドメインの契約年数」「支払い方法」を選択します。

支払い方法は自動更新のできる「クレジットカード決済」がおすすめです。
更新忘れで、利用期限切れ!は本当にしゃれになりません。。。

自動更新の設定ができるのは、「クレジットカード決済」のみですので、

クレジットカード決済が可能な方はこちらを選択しましょう。

 

ムームードメインの契約画面では、他のサービスもいろいろ売り込んできますが(笑)必要ないので、そこはサクッと流して、「次のステップへ」進みましょう。

 

 

最後にすべて確認して、規約に同意するにチェックを入れれば、ドメイン取得完了です!!

ドメインを取得したら、サーバーでドメイン設定をする

晴れて、Web上の住所である「ドメイン」を取得できたました!

次は、借りている土地=サーバー住所=ドメインを登録します

 

ここからは、エックスサーバー画面での作業になります。

エックスサーバー側でのドメイン設定について解説します。

 

1. まずはエックスサーバーのインフォパネルにログインします。

「ご契約一覧」の中からサーバーパネル」にログインします。

2. サーバーパネル右上にあるドメイン設定をクリックします。

 

3. ドメイン設定の画面にあるドメイン設定の追加タブをクリックします。

ここで先ほど取得したドメインを入力します。

無料独自SSLを利用するにチェックを入れたままドメイン設定の追加を押します。

(SSL化については、この後解説します。)

 

3. ドメイン設定の追加を完了しました。」と表示されます。ドメインの追加はこれで完了です!

 

SSL設定って何?SSL化した方がいいの?

ドメイン設定の追加は完了しましたが、

!無料独自SSL設定の追加に失敗しましたとなっていますね。

失敗とはなんだか気持ち悪い。。。

そもそもSSL設定とは何なのでしょうか?

常時SSL化とは?

SSL設定をすると、設定したドメインが「常時SSL化」されます。

この「常時SSL化」とは、

金融機関などのWEBサイトのように、WEBサイトをすべて暗号化することです。

「SSL化」は個人情報などをハッカーなどの第三者による攻撃から守るために、個人情報を暗号化し、通信するセキュリティ手法です。

そのSSL化を個人情報をやりとりするページだけではなく、WEBサイトのすべてのページに適応するのが「常時SSL化」です。

常時SSL化はするべき?

「自分のサイトでは個人情報のやりとりをする予定はないから、SSL化しなくてもいいんじゃない?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

SSL化は個人情報を守るセキュリティ対策の目的以外にもメリットがあります。

常時SSL化するメリット

常時SSL化するメリット

  1. 「このサイトは安全なサイトです」とサイトの信頼性を高めることができます。
  2. SSL化することによって、ページの表示速度が改善されます。
  3. 検索順位(SEO)への影響もあると言われています。

 

SSL化されていないページはGoogleChromeで警告表示される!

GoogleChrome68からは、SSL化されていないすべてのページに対して「!保護されていません」という警告表示がされるようになりました。

Googleがそれだけセキュリティを強化しているということですね。

SSL化されたページは

「https:」で表示されるようになります。

(SSL化されていないページは「http:」で末尾にSがありません)

 

ということで、

サイトの常時SSL化は必ずしておきましょう!

 

エックスサーバーでの「無料独自SSL設定」の方法は?

エックスサーバーには、無料でSSL設定ができるサービスがあります。

この「無料独自SSL設定」を利用すれば、簡単にサイトの常時SSL化ができますので、ドメイン設定と同時に設定しておきましょう。

1. サーバーパネル右上にあるドメイン」の「SSL設定をクリックします。

2. SSL設定したいドメインを選択します。

3. 独自SSL設定の追加タブをクリックして独自SSL設定を追加する(確定)ボタンを押します。

CSR情報は入力しなくても大丈夫です。

4. 数分待つと「独自SSL設定を追加しました」

と表示され、SSL化の設定は完了です。

 

これで、サーバーへのドメイン設定と常時SSL化が完了しました!

ね?!こちらも手順通りにやれば、難しいことはなかったんじゃないかと思います。

ちなみに!サーバーへのドメイン設定が終わってから、実際のサイトが表示されるようになるまでは、数時間から2日くらいかかることがあります。

すぐに反映されなくても、心配しなくて大丈夫です!

 

ブログを立ち上げるのに必要な3つのステップのうち、2つの作業が完了しました!

あとは、最後のステップ、「ワードプレスをインストール」するだけ!

こちらも手順通りにやれば、難しいことはないので、サクッと終わらせちゃいましょう!

 

ワードプレスをインストールする

ここでは、3つ目のステップ「ワードプレスの導入」について、詳しく説明していきます。

エックスサーバーを利用していれば、ワードプレスの導入は超簡単!

ワードプレスをインストールしてサーバーへのアップロードまで完了すれば、

晴れて、自分のブログが立ち上げられます!

ブログ立ち上げまであと少しです!

 

ワードプレスをインストールする方法は大きく2つ

ワードプレスをインストールする方法は大きく分けると2つあります。

自動インストールと手動インストールです。

自動インストール

レンタルサーバー会社が提供している「簡単インストール」サービス

必要事項を入力して、ボタンをクリックするだけなので、とっても簡単。

初心者には断然こちらの「自動インストール」がおすすめ。

手動インストール

自分でデータベースを作成し、FTPソフトというものを使用してワードプレスのファイルをサーバーへアップロードする方法です。

自動インストールのサービスがない場合や、自動インストールがうまくいかなかった場合などに利用します。

ですが、ほとんどの場合、自動インストールで済ませることができますので、

初心者は手動インストールについてはスルーしてOKです!

 

エックスサーバーでの自動インストール方法を図解で解説!

レンタルサーバーが提供している自動インストール方法について解説していきます。

ここでは、エックスサーバーを使って説明しています。

順を追って図解入りで解説していきますので、この画面を見ながら操作すれば、簡単にワードプレスのインストールまで完了できるはずですよ!

 

1. エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 

2. 「WordPress簡単インストールをクリック

 

3. WordPressをインストールしたいドメインを選択

 

4. 「WordPressのインストールタブをクリックし、1から6までの各項目を設定します。

1. インストールURL

自分のドメイン名が自動で入っているはずですので、そのままでOK!

基本は「自分のドメイン名/wp」です。

 

2. ブログ名

自分のブログのタイトルを入力します。

ブログ名は後から変更できますが、できればブログタイトルはここまでに決めておいてくださいね!

 

3. ユーザ名

WordPress管理画面へログインするためのログインユーザ名を入力します。

一回作ると変更できません。

ログインのときに必要になります!必ずメモしておきましょう!

 

4. パスワード

WordPress管理画面へログインするときのパスワードを設定します。

後から変更することもできますが、元のパスワードが必要ですので、こちらも必ずメモしておきましょう!

 

5. メールアドレス

自分のメールアドレスを入力します。

パスワードを再設定するときなどに使いますので、有効なメールアドレスを入力します。

 

6. データベース

自動でデータベースを生成する」のボタンを選択します。

(選択されていると思います)

すでに作成済みのデータベースがあって、それを利用する場合は、「作成済みのデータベースを利用する」を選択してください。

※詳しくはエックスサーバーの「MySQL(データベース)の設定」を参照

 

5. 入力項目を確認して、間違いがなければ「インストール」をクリック

IDやパスワード、MySQL情報などの情報はわかるように保管しておきましょう。

画面をスクリーンショットして画像で保管すると簡単です。

 

6. 完了画面が表示されれば、ワードプレスの簡単インストールは完了!

 

7. ワードプレスの管理画面にログインして、インストールを確認

ワードプレスの管理画面に移行するので、設定したユーザー名パスワードを入力し、ログインします。

 

ワードプレスのダッシュボードが表示されれば、インストール成功です!

これでWordPressのインストールは完了!!!

 

エックスサーバー以外のレンタルサーバーでもほとんどのサーバー会社で自動インストールのサービスが用意されています。

(ロリポップ、さくらインターネットなど)

ですので、初心者でも安心して簡単に、ワードプレスのインストールができます。

おかげで難しい知識がなくても、気軽に自分のブログを立ち上げることができますね。

 

これで、ブログを立ち上げるために必要な、

「1.サーバー契約」「2.ドメイン取得」「3.ワードプレス導入」

の3つの準備が整いました!

 

あなたももう、自分の独自ブログのオーナーです!おめでとうございます!

 

 

次は、ブログサイトのデザインを整えていくステップです!

「デザインなんてセンスないんですけど。。。」という方もご安心を。

WordPressには様々なテンプレートが用意されていて、好みのデザインを選ぶことができます。

無料のものから有料のものまで、個人ブログ向けや店舗サイト向けなどたくさんのテンプレートがあります。

次の記事では、無料、有料のメリット、デメリット、初心者女子におすすめおしゃれで使いやすいのテンプレートをご紹介していきます!

↓↓↓

【初心者女子におすすめのワードプレステーマとインストール方法】おしゃれ&使いやすい!

あわせて読みたい
【初心者女子におすすめのワードプレステーマ3選とインストール方法】おしゃれ&使いやすい!ブログの見た目を決めるのがテーマ=ブログデザインのテンプレートです。 WordPressでブログを始めるときに、必ず選ばなければな...

 

こちらの記事を見れば、ゼロから作る【稼げるブログ】の作り方の全てのステップが確認できます!↓↓↓

【主婦の稼げるブログの始め方】アドセンスで収入を得るまでを具体的に解説します!

あわせて読みたい
【主婦の稼げるブログの始め方】アドセンスで収入を得るまでを具体的に解説します!初心者でも!主婦でも!!稼げるブログは作れます! このページでは、アドセンスブログの作り方と運営方法を、初心者でもわかるように、ブ...